2016年01月01日

ヨハネ 8:25~30 上から来られた方とは (聖書の言葉)

 「もしあなたがたが、わたしのことを信じなければ、あなたがたは自分の罪の中で死ぬのです。」(8:24)この言葉は、私に対するおどしであろうか?だとしても真実であるならば、受け止めて自分の問題に対処しなければならない。さもなければ、すべてをキリストに預け、キリストの愛で包み込んでもらうしかないだろう。
 主は、牧師が19歳の時、主の十字架の意味を、彼女に示された。罪を赦すために、主は十字架の刑につかれた。彼女はその愛に感じ、その身をお捧げする覚悟をする。家は裕福な地主で、檀家としても責任ある立場であった。彼女の心はもはや、キリストの中にあった。片道16kmの教会への道のりも、問題ではなく、毎日通いつめた。雪深い豪雪の地であったが、教会通いの足取りは、雲の上を歩くごとく軽かった。その後、伝道者として福音を伝える役を担うことになる。その活動ぶりはあまりに激しく、隣村にも噂は伝わった。
 神学校も卒業し、たまたま帰郷していた時のこと、訪れた薬売りのおじさんがこうきりだした。「この村には、キリストきちがいの娘さんがいたそうだが、今はどうしているだかね?」彼女、「はははー、それは私のことですよー。」おじさん、「えー、ほんとかねー。」と言ってお互い笑いあったという。村には、初めての伝道所もでき、やがて教会もできてゆく。
 「命に至る門は狭く、滅びに至る門は広い。狭き門より入れ。という教えを忘れてはなりません。私たちは福音を伝えていかなければなりませんよ。救われた感謝と喜びを、家族にも隣人にも伝えなければなりませんよ。 」
 主の愛に初めて目覚めた日から、60余年の月日を経て、埼玉の地、大和田教会で今も弁をふるっている。時に、その説教には厳しい口調とともに福音伝道の義務を、聖書のみことばと共に激しく問いかけてくる。
 すっかり白く刈り込んだような頭髪、メガネのふちが説教台の向こう側で、光ってみえる 。11月も下旬、寒さも増してきた。



2015年11月14日

ある牧師の話 (キリストと人生)

彼女は新潟の大きな農家の長女として生を得ました。いわゆる地主として、広い農地と小作人がい

て、裕福だったそうです。「ほかの内は真っ白なご飯なんて、そんなに食べられなかったけれど、

うちはいつでも食べられたのよ。」

 兄が二人と妹がいましたが、長男は太平洋戦争で出征し、帰郷はならなかったようです。「当時

はね、優秀な長男はみんな戦争でとられてね。残ったのはろくなもんじゃない。」とよく愚痴って

おりました。父は、家長として厳格な人で、ときには優しく思いやりのある人だったそうです。

「私は、父に連れられていろんな所へ行きましたよ。妹はそういう記憶がないそうですが、わたし

は本当に父の仕事やら、付き合いやら、いろんなところを見てまわったもんです。」


christ7bouhan at 23:15コメント(0)日記 

私は何のために生きる?ラッセルの言葉

私は何のために生きるのかという本(題名は、はっきりしない)のコピーの一部を先生に頂い

たものを、最近目に通してみて、あらためて驚いたこと。
 
「神がおられると仮定しない限り、人生の目的を問うことには何の意味もない。」(バートラン

ド・ラッセル)
 
もし神がおられないとしたら、(じつは私自身そう思っているかもしれません。)私たちは皆

「偶然」、宇宙における天文学的数値の無作為による偶然の産物(あるいは統計的にある偏りか

ら発生した生命のもつ方向性によって生まれ?)ということになります。人生には目的も意味も

重要性もないのですから、この地上で過ごす短い年月の中にしか希望が見出せなくなるのです。

(一部引用しました。以下引用))

 「自分に固執していると、やがて行き詰ることになる。しかし神を仰ぎ見ていれば、開放的

で、広々とした、自由な人生が目の前に開けてくる。」

 「自己啓発(人生の目的を発見するためのステップ)は、実際のところ助けにはならない。自

己犠牲こそが、自分を発見する唯一の道であり、それがわたしの方法である。」

 すべてのもの、ありとあらゆるもの、天にあるものも地にあるものも、目に見えるものもすべ

て・・いっさいのものがキリストのうちに始まり、キリストの中にその目的を見出すのです。

(コロサイ人への手紙1・16)

42
 


christ7bouhan at 23:11コメント(0)日記 




ギャラリー
  • 名言探訪4
  • 私は何のために生きる?ラッセルの言葉
  • 「福音は語られているか (金田福一)」より 八(前半部)
  • 一患者の詩 (心と神)
  • マタイ 18:15~20 つまずいている人に (聖書の言葉)
  • マタイ26:57~68 人の妬みによって裁かれる神の御子キリスト
  • 「言葉を失った証し人」より (キリスト信仰)





ポチっとお願いします。



 
復縁プログラム  


アーカイブ
  • ライブドアブログ