2015年11月06日

五旬節 (聖書の言葉)

五旬節とは過越しの祭りから50日目のお祭りのことらしい
このお祭りの日の朝、イスラエルの人たちはすべて、礼拝に集まっていた
使徒たちは、一つ所に集まり、聖霊を待って祈っていた
聖霊を求めて一途に祈るということは
はたしてできることなのかどうか
主イエスはこの聖霊が絶対に必要であるとおっしゃってるそうだ
聖霊とは何でしょう
イエス様の救い、深い愛も分からない
感謝と喜びも湧き上がってこない
聖霊によらなければ、神様の世界というものは見えてこないらしい
私たちの心次第だと言う
今も神様は、聖霊を注ぎたくて待っていらっしゃるそうだ
本気で聖霊を願い、祈ることによってそれが与えられるそうだ
12使徒も私たちと同じだったらしい
ただひたすら受けたいと願い祈れば
それが与えられるのだと言う
聖霊のバプテスマ
信仰者としての自分



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 




ギャラリー
  • 名言探訪4
  • 私は何のために生きる?ラッセルの言葉
  • 「福音は語られているか (金田福一)」より 八(前半部)
  • 一患者の詩 (心と神)
  • マタイ 18:15~20 つまずいている人に (聖書の言葉)
  • マタイ26:57~68 人の妬みによって裁かれる神の御子キリスト
  • 「言葉を失った証し人」より (キリスト信仰)





ポチっとお願いします。



 
復縁プログラム  


アーカイブ
  • ライブドアブログ