2015年11月06日

時間の止まった日、心の闇

真夏の暑い夜だったような気がするが、そんなに
暑かったのかどうかは定かではない。
ダイニングルームのちょっと固い板の間に背中を
押し付けて大の字になっていた。とても気持ちよかった。
それと、何となく幸福感を感じていたような気もする。
自分は彼女を愛しているし、彼女が自分のすべての
ような気がしていたんだと思う。
そのことで、自分のすべての失敗は報いられ、
これからもそのことによって、幸福のすべて
を見い出そうと思った。それが、間違いだった。
彼女は、台所に立って、くつろいでいる私に向かって、
何か罵詈雑言を浴びせた。
その言葉が何だったのか、今となっては記憶の
闇の底だ。しかし、その言葉で私の幸福感は、
理由のない怒りに変わってしまった。



christ7bouhan at 21:05コメント(0)日記  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 




ギャラリー
  • 名言探訪4
  • 私は何のために生きる?ラッセルの言葉
  • 「福音は語られているか (金田福一)」より 八(前半部)
  • 一患者の詩 (心と神)
  • マタイ 18:15~20 つまずいている人に (聖書の言葉)
  • マタイ26:57~68 人の妬みによって裁かれる神の御子キリスト
  • 「言葉を失った証し人」より (キリスト信仰)





ポチっとお願いします。



 
復縁プログラム  


アーカイブ
  • ライブドアブログ