2015年11月06日

一患者の詩 (心と神)

病者の祈り 

大事をなそうとして
力を与えてほしいと神に求めたのに
慎み深く従順であるようにと
弱さを授かった

より偉大なことができるように
健康を求めたのに
より良きことができるようにと
病弱を与えられた

幸せになろうとして
富を求めたのに
賢明であるようにと
貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして
権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと
弱さを授かった

人生を享楽しようと
あらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにと
生命を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが
願いはすべて聞きとどけられた
神の意にそわぬ者であるにかかわらず
心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた
私はあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ

(ニューヨーク・リハビリテーション研究所の壁に書かれた一患者の詩)
死は「終り」ではない  山川千秋・穆子 著  より抜粋。

20111228-il-007-560x467



christ7bouhan at 21:29コメント(0)著作紹介  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 




ギャラリー
  • 名言探訪4
  • 私は何のために生きる?ラッセルの言葉
  • 「福音は語られているか (金田福一)」より 八(前半部)
  • 一患者の詩 (心と神)
  • マタイ 18:15~20 つまずいている人に (聖書の言葉)
  • マタイ26:57~68 人の妬みによって裁かれる神の御子キリスト
  • 「言葉を失った証し人」より (キリスト信仰)





ポチっとお願いします。



 
復縁プログラム  


アーカイブ
  • ライブドアブログ