2015年11月06日

キリスト教詩人 ユン・ドンジュ

序詩 1941・11・20

死ぬ日まで天を仰ぎ
一点の恥なきことを、
葉かげにそよぐ風にも

わたしは心苦しんだ。
星をうたう心で
すべて死にゆくものを愛さなくては
そして、わたしに与えられた道を
歩みゆかねば。
今宵もまた、星が風に吹きさらされる。

詩集「空と風と星と詩」より


christ7bouhan at 21:31コメント(0)著作紹介  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 




ギャラリー
  • 名言探訪4
  • 私は何のために生きる?ラッセルの言葉
  • 「福音は語られているか (金田福一)」より 八(前半部)
  • 一患者の詩 (心と神)
  • マタイ 18:15~20 つまずいている人に (聖書の言葉)
  • マタイ26:57~68 人の妬みによって裁かれる神の御子キリスト
  • 「言葉を失った証し人」より (キリスト信仰)





ポチっとお願いします。



 
復縁プログラム  


アーカイブ
  • ライブドアブログ