2015年11月14日

私は何のために生きる?ラッセルの言葉

私は何のために生きるのかという本(題名は、はっきりしない)のコピーの一部を先生に頂い

たものを、最近目に通してみて、あらためて驚いたこと。
 
「神がおられると仮定しない限り、人生の目的を問うことには何の意味もない。」(バートラン

ド・ラッセル)
 
もし神がおられないとしたら、(じつは私自身そう思っているかもしれません。)私たちは皆

「偶然」、宇宙における天文学的数値の無作為による偶然の産物(あるいは統計的にある偏りか

ら発生した生命のもつ方向性によって生まれ?)ということになります。人生には目的も意味も

重要性もないのですから、この地上で過ごす短い年月の中にしか希望が見出せなくなるのです。

(一部引用しました。以下引用))

 「自分に固執していると、やがて行き詰ることになる。しかし神を仰ぎ見ていれば、開放的

で、広々とした、自由な人生が目の前に開けてくる。」

 「自己啓発(人生の目的を発見するためのステップ)は、実際のところ助けにはならない。自

己犠牲こそが、自分を発見する唯一の道であり、それがわたしの方法である。」

 すべてのもの、ありとあらゆるもの、天にあるものも地にあるものも、目に見えるものもすべ

て・・いっさいのものがキリストのうちに始まり、キリストの中にその目的を見出すのです。

(コロサイ人への手紙1・16)

42
 


christ7bouhan at 23:11コメント(0)日記  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 




ギャラリー
  • 名言探訪4
  • 私は何のために生きる?ラッセルの言葉
  • 「福音は語られているか (金田福一)」より 八(前半部)
  • 一患者の詩 (心と神)
  • マタイ 18:15~20 つまずいている人に (聖書の言葉)
  • マタイ26:57~68 人の妬みによって裁かれる神の御子キリスト
  • 「言葉を失った証し人」より (キリスト信仰)





ポチっとお願いします。



 
復縁プログラム  


アーカイブ
  • ライブドアブログ