2016年01月10日

ヨハネ 7:10~24 (聖書の言葉)

 「自分から語る者は、自分の栄光を求めます。しかし
自分を遣わした方の栄光を求める者は真実であり、
その人には不正がありません。 (7:18)
 エルサレムでは仮庵の祭りが近づいており、イエスの
兄弟たちはイエスに向かって、「あなたがしているわざ
を見ることができるように、ここを去ってユダヤに行きな
さい。」と言ったのであるが、イエスは「わたしの時はま
だ来ていません。」と拒絶した。しかし、イエスは内密に
上って行かれた。そして、宮に入り彼の教えを始められ
た。ユダヤ人たちはイエスの教えに驚かれた。彼は
正規に学んだことがないはずであったからだ。
イエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、
わたしのものではなく、わたしを遣わした方の
ものです。」(7:16)
 説教。愛されている福音の恵みになぜ感動できない
のか?それは、自分の罪が見えていないからです。
自分の罪が見えないから、祈らなくなります。
聖書を読む、祈る、感謝する。この3つのことは、
生きることの根本ですよ。悪魔につかまらないように、
起きたらまず、聖書を読んで、お祈りしなければなり
ません。クリスチャンとしての基本ですよ。悪魔が手を
叩いて喜ばないようにしなければなりません。聖書を
通して神は、その人の魂に語りかけます。この3つの
ことをおろそかにしなければ、あなたは必ず実を結ぶ
でしょう。福音を語れないのはなぜでしょう?福音が
その人の心を支配していない、その人の心には命が
ない。クリスチャンは、他のことはどうでもいいのです
よ。福音だけは語らなくてはなりません。クリスチャン
としての義務なのです。再臨の時、あなたは天国へ
行きますか?それとも燃える炉の火に永遠に焼かれ
たいですか?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 




ギャラリー
  • 名言探訪4
  • 私は何のために生きる?ラッセルの言葉
  • 「福音は語られているか (金田福一)」より 八(前半部)
  • 一患者の詩 (心と神)
  • マタイ 18:15~20 つまずいている人に (聖書の言葉)
  • マタイ26:57~68 人の妬みによって裁かれる神の御子キリスト
  • 「言葉を失った証し人」より (キリスト信仰)





ポチっとお願いします。



 
復縁プログラム  


アーカイブ
  • ライブドアブログ