日記

2015年11月14日

ある牧師の話 (キリストと人生)

彼女は新潟の大きな農家の長女として生を得ました。いわゆる地主として、広い農地と小作人がい

て、裕福だったそうです。「ほかの内は真っ白なご飯なんて、そんなに食べられなかったけれど、

うちはいつでも食べられたのよ。」

 兄が二人と妹がいましたが、長男は太平洋戦争で出征し、帰郷はならなかったようです。「当時

はね、優秀な長男はみんな戦争でとられてね。残ったのはろくなもんじゃない。」とよく愚痴って

おりました。父は、家長として厳格な人で、ときには優しく思いやりのある人だったそうです。

「私は、父に連れられていろんな所へ行きましたよ。妹はそういう記憶がないそうですが、わたし

は本当に父の仕事やら、付き合いやら、いろんなところを見てまわったもんです。」


christ7bouhan at 23:15コメント(0) 

私は何のために生きる?ラッセルの言葉

私は何のために生きるのかという本(題名は、はっきりしない)のコピーの一部を先生に頂い

たものを、最近目に通してみて、あらためて驚いたこと。
 
「神がおられると仮定しない限り、人生の目的を問うことには何の意味もない。」(バートラン

ド・ラッセル)
 
もし神がおられないとしたら、(じつは私自身そう思っているかもしれません。)私たちは皆

「偶然」、宇宙における天文学的数値の無作為による偶然の産物(あるいは統計的にある偏りか

ら発生した生命のもつ方向性によって生まれ?)ということになります。人生には目的も意味も

重要性もないのですから、この地上で過ごす短い年月の中にしか希望が見出せなくなるのです。

(一部引用しました。以下引用))

 「自分に固執していると、やがて行き詰ることになる。しかし神を仰ぎ見ていれば、開放的

で、広々とした、自由な人生が目の前に開けてくる。」

 「自己啓発(人生の目的を発見するためのステップ)は、実際のところ助けにはならない。自

己犠牲こそが、自分を発見する唯一の道であり、それがわたしの方法である。」

 すべてのもの、ありとあらゆるもの、天にあるものも地にあるものも、目に見えるものもすべ

て・・いっさいのものがキリストのうちに始まり、キリストの中にその目的を見出すのです。

(コロサイ人への手紙1・16)

42
 


christ7bouhan at 23:11コメント(0) 

自分の立ち位置(イエスと教会)

信仰者として認めてもらえるならば、その必然性が確かにありました。

遊び呆けていた学生時代に、接触のあった創価学会という世界で、

5年ほど、その教義と友達と、勤行の力や、矛盾を経験し、最終的に

結婚を機に、いや結婚のために、学会との繋がりを断ったわけですが。が

 それから、結婚と離婚、離婚調停、母の死。そして、キリスト教に求めた

救いです。

 今の自分にとっての義務は、聖書から読み取れるように、キリストの

福音を述べ伝えなさいという命令です。これが縛りでもあり、人々を救う

手段でもあり、自分にとっての喜びにも結び付いていると思います。

 ただし、自分の生き様は、矛盾と偽善に満ちていることは、明白な限りです。


christ7bouhan at 23:08コメント(0) 

2015年11月06日

生かされている?闇とキリスト

わたしは生かされている?
感謝したい
希望を持ちたい
私は キリスト者でしょうか
失格者でしょうか
くだらない野心
恋心
囚われ人
信仰者として生きたい
偽善者でもいい
現実と想いとのギャップ
絶望と死
主イエス様
キリストの内在を信じさせてください
私自身の力と、知恵と、喜びを凌駕して
あなたの力と知恵と喜びが与えられますように


christ7bouhan at 21:27コメント(0) 

キリスト信仰、教会へ

信仰者として認めてもらえるならば、そこに至る 必然性があったことは確かです。  遊びまわっていた学生時代ですが、親友を通して 接触のあった創価学会という信仰の世界。 5年ほど身を置かせて頂きました。 その教義や友達、集い、そして勤行の力を知ったこと。 しかしまた、矛盾と限界を感じたことも事実。 最終的に学会との決別の決断は、 結婚というとても利己的な理由ではあったのですが、 口にしてはならない決定的な方法で・・、 学会との繋がりを断つことになりました。  そして、結婚と離婚がありました。 離婚調停の長い争い。 母の死・・・。キリスト教に求めた救い。キリストの福音を述べ伝えなさいという 聖書の教えは、信仰者としては義務であり、また 人々を救う手段でもあり、それは自分にとっての喜びに も結び付いています。  ただし、今の自分の生き様は、矛盾と偽善に満ちている こともまた、明確ではあるのです。

christ7bouhan at 21:07コメント(0) 




ギャラリー
  • 名言探訪4
  • 私は何のために生きる?ラッセルの言葉
  • 「福音は語られているか (金田福一)」より 八(前半部)
  • 一患者の詩 (心と神)
  • マタイ 18:15~20 つまずいている人に (聖書の言葉)
  • マタイ26:57~68 人の妬みによって裁かれる神の御子キリスト
  • 「言葉を失った証し人」より (キリスト信仰)





ポチっとお願いします。



 
復縁プログラム  


アーカイブ
  • ライブドアブログ